「英会話ができるようになりたいけど、仕事や家事が忙しくてなかなか勉強ができない」

そんな悩みを持つ方は多いと思います。

そんな「時間がないけど英語を話せるようになりたい!」という欲張りな方に今人気なのが

「おうちホームステイ」という英語学習サービスです。

この「おうちホームステイ」ですが、なんと7つのパターンの会話を覚えるだけで日常英会話の95%が網羅できるということが最大の特徴です。

しかも、その習得のための学習は毎日30分だけでいいと言うのですから驚きです。

 

今回は、この「おうちホームステイ」の7つのパターンについて、考え方、特徴、実際に習うパターンの例をを紹介します。

「おうちホームステイ:7つのパターン」とは?

ではまず、おうつホームステイの7つのパターンの内容について紹介していきます。

「おうちホームステイ:7つのパターン」 基本的な考え方

まずは、おうちホームステイの基本的な考え方についてです。

それはズバリ、7つの会話パターンさえ習得すれば英会話の95%が話せるようになるというものです。

従来の英語学習の考え方とは大幅に異なるこの考え方こそが、おうちホームステイの最大の特徴と言えるでしょう。

「おうちホームステイ:7つのパターン」の一例

では、おうちホームステイの7つの会話パターンとは一体どのような内容なのでしょうか?

残念ながらその全てを知るためには当然サービスへの申込みが必要ですが、今回は1パターンのみ入手できたので紹介します。

おうちホームステイの7つの会話パターンの1つ、それは「it’s…」という文章です。

以外とシンプルで驚きますね。

でも冷静に考えてみると、この「it’s…」が様々なシーンで使用できることが理解できるはずです。

例えば、「あなたの好きな食べ物は何?(What's your favorite food?)」という質問がきたとします。

もしあなたがピザ(pizza)が好きだった場合は「Pizza」と回答したとすればどうでしょう?

意味は伝わるかもしれませんが、単語を返しただけですので、英会話とは呼べません。

そこで、先ほど「it’s…」の出番です。

「好きな食べ物は?」の質問に対し「it’s pizza.」と答えるだけで、会話として成立するのです。

他にも、この会話パターンはこんなシーンで活用できます。

「あなたの出身地はどこですか?(Where are you from?)」
→「日本です(it’s japan)」

「それはいくらですか?(How much is this?)」
→「300円です(it’s 300yen.)」

例を挙げるときりがないくらい、この会話パターンは活用できます。

このような使い勝手の良い基本的な会話パターンを7つに分類したのが、「おうちホームステイの7つのパターン」なのです。

「おうちホームステイ:7つのパターン」の学習の特徴

学習方法:3つ特徴

1.おうちにいながら海外ホームステイのような環境を作り出す
語学留学で海外ホームステイを選択する方は多いです。

つまり、ホームステイすることが語学習得の近道ということです。

しかしながら、海外でホームステイをするには高額な費用がかかります。

そこで、AIテクノロジーを活用しておうちにいながら海外ホームステイにいるような環境を作り出し、効果的な英語習得を実現するのが、おうちホームステイの最大の特徴です。

2.中学レベルの単語力が習得できればOK
海外で使える生きた英語に特化したカリキュラムになっています。

なので、これまで学校で習ってきた複雑な文法や絶対に使わない単語などは不要です。

そのため、楽しみながら英語が学習することができ、学習の定着速度も早いのが特徴です。

3.これまでにない新しいメソッド
ハーバード大やマサチューセッツ工科大などの海外名門大学へ500名以上を留学へ送り出した実績を持つ山内勇樹氏がこれまでにない全く新しいメソッドで生み出したのがおうちホームステイです。

そのため、名門大学へ留学も狙えるレベルの語学力が身につくようです。
(当然英語以外のその他の学習も必要ですが)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、おうちホームステイのノウハウについて紹介しました。

7つのパターンの内容や、学習方法の特徴について調べましたが、その凄さに私も驚きました。

また、無料体験もメールアドレスを登録するだけで、山内先生の濃密なノウハウ動画が配信されるのでとてもクオリティが高いようです。

興味のある方は、まずは無料のメルマガに登録してみるといいですね。

無料のメルマガ登録はこちら!

 

おすすめの記事